マギレコ攻略|マギアレコード魔法少女まどか☆マギカ外伝攻略

アニメ第11話:最後に残った道しるべ あらすじの紹介

まどかが最強の魔法少女にして最悪の魔女と成り得る素質を備えた原因が、実はほむらの時間遡行の繰り返しにあったことが明らかにされ、ほむらの退路は次第に断たれていく。

 

さやかの告別式から帰宅したまどかは、インキュベーターと魔法少女の関わりの歴史をキュゥべえから聞かされるが、まどかはその過酷さを知り混乱に陥る。

 

のち、ほむらの家を訪ねたまどかは助力を申し出るが、ほむらからは自らが辿ってきたこれまでの真相を打ち明けられると共に涙ながら諭され断られる。

 

やがて見滝原には「ワルプルギスの夜」が来襲し(ただし一般人には、暴風雨の発生としか認知できない)、ほむらはありったけの武装で応戦を始める。

 

アニメ第11話:最後に残った道しるべ あらすじの紹介

 

同じ頃、まどかは避難所にてほむらの劣勢を感じて何事かを決意し、母親に自分の覚悟を告げ戸外へと飛び出していく。死力を尽くして戦うもこれまでの時間軸と同様に敗北し、深手を負ってしまうほむら。どうしてもまどかを救えない絶望から彼女のソウルジェムが濁りきろうとしたその時、まどかが現れてほむらの手を取る。

 

 

「ほむらちゃん、ごめんね」と笑顔を見せながら…。
30代男性の育毛剤

 

 

アニメ第11話:最後に残った道しるべ あらすじの紹介

 

アニメ第11話:最後に残った道しるべ の解説

 

オンエア版では「時事的な配慮」を理由に、台本の段階までは用意されていたセリフが一部カットされた。カットされたのは、物語終盤に登場する強敵「ワルプルギスの夜」がもたらす大災厄についてほむらが説明するセリフで、具体的には「ワルプルギスの夜は強大な力を持ちながらも普通の人には視認できないため、地震や竜巻などの自然災害として認識される」という内容である。BD/DVD版やコミカライズ版では、そのまま収録されている。